本文へ移動

日本最初大保納豆由来

大保納豆由来

伝承 日本最初糸引き納豆仕込みの地出羽の国仙北郡藤木村大保四十二館  一条天皇寛治元年八幡太郎源義家公、後三年合戦先陣の砌、藤木村大保の四十二館に本陣を敷き、秋冬の戦のため馬糧として土地の農民に煮大豆の供出を命ぜられました。農民は急ぎ煮大豆を藁苞に仕込み俵に入れ供出いたし、係の兵は馬の背につけて金沢の合戦場に運び込み、陣所の納屋に数日積み重ねて置きました。そうした処薫香を発し大豆に粘りが出ており試食すると独特の風味があり中々にうまいので、膳部の兵が義家公の食前に献上致したところその美味なるに驚き将兵一同に之を分け与えたのであります。  之により、藤木村大保が日本最初の糸引き納豆仕込みの地(大保納豆)、金沢村が糸引き納豆発祥の地と伝えられております。
■所在地〒014-1411 秋田県大仙市六郷西根字大保80-3

交通アクセス

秋田県大仙市六郷西根字大保80-3
製品販売お取り扱い先
株式会社タカヤナギ様全店にてお取扱いしております。

サン食品工業株式会社
秋田県大仙市六郷西根字大保80-3 TEL.0187-65-2310 FAX.0187-65-3131

こちらは秋田県大仙市(だいせんし)にあります、サン食品工業株式会社です。明治43年創業「大豆のチーズ」と称された「大保納豆」を製造して百余年。これからも宜しくお願い致します。
・大保納豆 ・角こんにゃく ・玉こんにゃく ・さしみこんにゃく ・えご ・ところてん ・納豆汁
※当社はオンラインでの販売は致しておりません。 商品に関して詳しくお聞きになりたい方はお電話にてお問い合わせ下さい 。
0
2
0
7
6
8
TOPへ戻る